映画

2007年11月 4日 (日)

ALWAYS 続・三丁目夕日を観てきました。

11月3日公開のALWAYS 続・三丁目夕日を観てきました。

レイトショーでしたが見事なまでにで満員でした。これはランキング一位確実でしょう。

前作程ではないですが、泣けるし良い作品だと思いました。

 

昭和34年を舞台にした映画、おとうふが登場するのは中盤の1シーン。路上でとうふの行商から誰かが買っているのですが、ほとんど声のみなのが残念。一丁15円というのが印象的です。

ピエール瀧 演じる前作は氷屋で、今作ではアイスキャンディ売りがストーリーと絡んでるのに対しては、とうふ売りはその他といった扱いです。

ちなみに、映画の中で出ていた他の価格は、東京タワーの子供の入場料50円、芥川賞の賞金10万(記憶に自信なし)などあります

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

あかね空、観に行ってきました

レイトショーであかね空観てきました。

2007_0414a.JPGパンフレットは600円

なんと初の貸切上映を体験(^^;いやはや

136人入るところに、連れと私の2二人しかいませんでした。さすがに渋すぎて夜9時半にはお客さんは…。

続きを読む "あかね空、観に行ってきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

ジョニ男をプレゼント

3月31日から公開の映画あかね空の販促として男前豆腐商店のジョニ男のプレゼントがあります。

場所は恵比寿と梅田のガーデンシネマで各300名です。

 

こんなタイアップは予想もしてませんでした、さすがです。

ちなみにジョニ男の過去記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

どろろを観てきました

2007_0203a.JPG

妻夫木聡・柴崎コウ主演の映画「どろろ」を観てきました。

 

って、話はこのブログとは関係ありません。

劇場に置いてあったチラシの話です

続きを読む "どろろを観てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

【ニュース】内野聖陽ツルッツル…3月公開予定「あかね空」でスキンヘッド

内野聖陽ツルッツル…3月公開予定「あかね空」でスキンヘッド (スポーツ報知)

 

俳優・内野聖陽(38)が、3月公開予定の主演映画「あかね空」(浜本正機監督)で衝撃のスキンヘッド姿を初披露した。7日スタートのNHK大河ドラマ「風林火山」では主役の山本勘助を演じる内野は、今作では豆腐職人・永吉と賭場(とば)の親分・傳蔵(でんぞう)の1人2役に初挑戦。傳蔵役では、頭髪と眉(まゆ)毛をすべて剃(そ)り落とす迫真の演技で、ヤクザの親分になり切った。

 

「あかね空」は、平成の時代小説の第一人者の呼び声高い作家・山本一力氏(58)の直木賞受賞作をもとに、浜本監督と篠田正浩監督が脚本化。内野と中谷美紀(30)の共演で、江戸時代の豆腐職人夫婦の家族のきずなを描いた。  内野は京都で修業した豆腐職人・永吉役で出演。深川育ちの妻・おふみ(中谷)とともに、江戸ではなじみのない京風豆腐をなんとか根付かせようと努力する。2人は3人の子にも恵まれ、小さな幸せをかみしめながら暮らしていくが、永吉が不慮の死を遂げてから物語は波乱万丈の展開を見せる。内野は物語後半でおふみと運命的な出会いをする親分・傳蔵としても登場。女手一つで店と家族を守っていくおふみとかかわっていくことになる。

 

 ◆京都で武者修行  今回は豆腐が物語の大きな「柱」となっているだけに、キャスト、スタッフは実際に京都の豆腐屋で“武者修行”。豆腐作りを一から学んで、撮影に臨んだという。それだけに、内野演じる永吉が売れ残った豆腐を「堪忍な…」といって握りつぶすシーンも豆腐への愛情がにじみ出ている

続きを読む "【ニュース】内野聖陽ツルッツル…3月公開予定「あかね空」でスキンヘッド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)