« とうふ版テレビガイド6月1週 | トップページ

2007年11月 4日 (日)

ALWAYS 続・三丁目夕日を観てきました。

11月3日公開のALWAYS 続・三丁目夕日を観てきました。

レイトショーでしたが見事なまでにで満員でした。これはランキング一位確実でしょう。

前作程ではないですが、泣けるし良い作品だと思いました。

 

昭和34年を舞台にした映画、おとうふが登場するのは中盤の1シーン。路上でとうふの行商から誰かが買っているのですが、ほとんど声のみなのが残念。一丁15円というのが印象的です。

ピエール瀧 演じる前作は氷屋で、今作ではアイスキャンディ売りがストーリーと絡んでるのに対しては、とうふ売りはその他といった扱いです。

ちなみに、映画の中で出ていた他の価格は、東京タワーの子供の入場料50円、芥川賞の賞金10万(記憶に自信なし)などあります

 

|

« とうふ版テレビガイド6月1週 | トップページ

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALWAYS 続・三丁目夕日を観てきました。:

« とうふ版テレビガイド6月1週 | トップページ