« 【雑誌】AERAの記事 | トップページ | 豆腐版テレビガイド3月1週 »

2007年2月13日 (火)

ニュース一覧

南箕輪小学校2年1組

村内の豆腐店を見学して豆腐の作り方を教わり、収穫祭の親子学習会で保護者と一緒に豆腐とおから料理作りもした。おからはクッキー、ケーキ、ドーナツ、卯の花煮、サラダにした。「おいしかった」。頑張って育てた大豆を使った料理は、忘れられない味となった。

 

食材をはっきり認識でき、安心・便利!お客様の声から生まれた「黒いまな板」 登場

反転した文字(文字が白、背景が黒)が見やすいと言われていることをご存知でしょうか。それは調理をする場面でも同様です。このような方々にとっては、背景を黒くし、食材や器具とのコントラストをつけることにより見やすくなるのです。食材には大根や豆腐など白いものも多く、まな板の色と同化するため調理がしにくくなります。

「売れる大豆づくり」テーマに、東海大豆フォーラム開く

 

東海地域における国産大豆の需要拡大と品質向上、安定生産について考える平成18年度東海大豆フォーラムが、1月26日、名古屋市内のKKRホテルで「考えよう!東海の売れる大豆づくり」をテーマに開催され、約90人が参加、熱心に耳を傾けた。

ハート形豆腐、バレンタインデーにいかが? 大阪・堺市

 

異業態参入で激戦 大手主導で地場卸再編か~日配チルド業界~[1]

豆腐、納豆、牛乳、練り物などの日配チルドをめぐる競争が激化している。

「全員で全力で一丸となって」―むつみグループ、新春恒例の経営方針発表会

豆腐とこんにゃくの製造・販売、むつみグループ(遠藤益夫社長、東京都八王子市)は1月28日、エルシィ八王子で平成19年経営方針発表会を開催した。

豆腐に針差し 「お疲れさま」 福岡市で針供養

折れたり曲がったりした針を供養し、針仕事の上達を祈願する「針祭り」が8日午前、福岡市中央区天神2丁目の警固神社であった。約100人が参拝し、寿命を迎えた針を豆腐に刺して、愛用した道具たちの労をねぎらった
 
全国でも高いシェアを誇るかんぴょうをたっぷり使って、すし、サラダ、スープなどに調理した。また、ラッカセイ豆腐も作った。
豆腐業者には、今も「良い豆腐を作れば必ず売れる」という信仰にも似た技術神話の呪縛から逃れられない人がいる。よく目を見開いて見ると分かるが、そんなことはもはや通用しない。これを早くに悟った人がいち早く立ち直り、いつまでも信じて疑わない人が苦労している

|

« 【雑誌】AERAの記事 | トップページ | 豆腐版テレビガイド3月1週 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55517/13899316

この記事へのトラックバック一覧です: ニュース一覧:

« 【雑誌】AERAの記事 | トップページ | 豆腐版テレビガイド3月1週 »